膣トリコモナスの男女別症状と治療

膣トリコモナスは、トリコモナスという原生生物が原因となって起きる性病です。
一般的には膣トリコモナスとして広く知られていますが、男性・女性ともにかかる病気です。
日本では、女性のおよそ5%~10%、男性の1%~2%くらいの人がこの病気にかかっていると言われています。

性行為を通じて感染するため主に若者に多い病気ですが、高齢の人でもこの病気にかかっている人がいます。
男性と女性の症状を合せてトリコモナス症と言い、感染する部位や症状の出方などはそれぞれ異なります。
トリコモナス症は細菌やウィルスが原因ではなく、虫が原因となって起きる病気であるため、治療をする際には殺虫効果のある薬が使われます。

女性では、トリコモナス原虫が膣や膀胱内に入り込むことによって炎症を引き起こします。
具体的な症状としては、膣や外陰部に激しいかゆみや痛みなどが起こります。また、悪臭をともなう黄白色をした泡状のおりものが出るようになります。
性交時や排尿時に不快感を感じたり、熱さやかゆみなどを感じることがあります。なかには下腹部に痛みを感じる人もいます。

男性では尿道から感染し、尿道にかゆみや熱さ、違和感などの症状が出ます。排尿時に痛みや違和感などを感じたり、少量の膿が出る場合もあります。
しかし、男性の場合には自覚症状がないことも多く、自覚症状が出るのは全体のおよそ1割ほどの人となっています。
また、排尿時に寄生しているトリコモナス原虫が尿といっしょに排出されてしまうこともあります。

トリコモナス症は性行為によって感染することがもっとも多いため、この病気を予防するためにはコンドームを付けて性交をすることが最も効果的であるとされています。
しかし、まれなケースでは下着やタオル、便座などから感染することもあるので、性行為をしなければ完全に予防できるというわけではありません。
トリコモナス症に感染してから症状が出るまでには10日くらいかかるとされているので、自覚症状が起きた場合にはすぐに病院を受診したほうが良いでしょう。

膣トリコモナスは完治する?治療方法について

トリコモナス症を治療してもらう場合、女性であれば産婦人科、男性であれば泌尿器科を受診することになります。
また、女性・男性を問わず性病科でもこの病気を診察してもらうことが可能です。
どうしても病院に行きにくい場合には、検査キットなどを使用して自宅でトリコモナス症の検査を行うことも可能です。

トリコモナス症の治療には、主にフラジールという薬を使用します。
フラジールというのはメトロニダゾールを主成分とする錠剤タイプの薬です。
メトロニダゾールは原生生物にたいする殺虫効果のほか、様々な細菌が原因となって起きる感染症にたいしても幅広い殺菌効果を持っています。

トリコモナス症の治療薬を使用する場合には、通常1回メトロニダゾールとして250ミリグラムを1日2回服用するようにします。
治療にかかる期間はおよそ10日間ほどです。服用を途中で中止すると再発してしまう可能性があるため、決められた期間は指示通りにこの薬を飲むようにしてください。

副作用はあまりありませんが、発疹や発赤、腹痛などが起きる場合があります。
また、めったにありませんが手足のしびれやめまい、意識低下などが起きる場合もあるので注意してください。
とくに薬にたいするアレルギーを持っている人や、持病がある人はフラジールを服用する際に十分な注意が必要です。

トリコモナス症は感染力が高く、再発する可能性の高い病気です。
この病気が再発するケースとしては、パートナーから再び感染する場合や、治療によってトリコモナス原虫が完全に死んでいなかった場合などがあります。
男性の場合はとくに自覚症状があまり出ないため、自分が感染していないかどうか十分に気をつけておく必要があります。

あわせて読みたい記事