男女で感染するカンジダの症状とは?治療法もご紹介!

カンジダ症とはカンジダ菌(カビの一種)が性器に感染することによって引き起こされる性病です。
男性の感染者よりも圧倒的に女性の感染者の方が多いという特徴がある性病です。
女性の感染者が非常に多いことから、膣カンジダ症やカンジダ膣炎などと呼ばれることもあります。
カンジダ菌そのものはもともと性器周辺や口腔内、その他の体表に存在している常在菌でるため、通常であれば増殖しませんが、抗生物質を服用したり、体調が変化することによって免疫力が低下するようになると増殖して炎症症状を引き起こします。

男性の罹患率は非常に少ないものの、カンジダ菌に感染すると亀頭包皮炎が症状としてあらわれます。
極稀に尿道炎を引き起こすことがあるため注意が必要です。
女性の場合、膣炎・外陰炎が症状としてあらわれます。特に、外陰部のかゆみとおりものが発生するようになります。
性器カンジダ症は適切な治療を行うことによって比較的短期間で治癒することが可能な性病ですが、発症の原因となる生活習慣を持っている場合再発を繰り返しやすい傾向にあります。
カンジダ症の治療にあたっては、薬剤に頼るだけではなく、体調をしっかりと管理し、身体の免疫力をつけるようにすることも大切となります。

カンジダ症の原因となるのは、ストレス過多・体調不良・過労・ピルの服用・月経前・妊娠中・抗生物質の服用などです。
いずれも身体の免疫力が低下することで発症しやすいという特徴があります。
抗生物質の服用によって女性の膣内に存在している常在菌が死滅すると、膣内の正常な状態におけるバランスが崩れて、カンジダ菌が増殖する場合があり、これがカンジダ症を発症させる原因となることもあります。
男性の場合罹患することは非常に少なく、女性の場合でも性病に分類されていますが、性行為によって感染するケースは少なく、常在菌として誰もが持っていることから誰もが罹患する可能性があることをしっかりと理解しておくことが大切です。

カンジダの治療法と予防法

カンジダ症は市販薬でも治療を行うことができます。市販薬として最もよく活用されている薬剤はエンペシド膣錠です。
常在菌が原因となっているカンジダ症は、誰もが再発する可能性を持っており、女性であれば比較的頻繁に発症することがある性病です。
エンペシド膣錠にはカンジダ菌に優れた抗菌作用を有するクロトリマゾールという成分が含まれています。
このクロトリマゾールがカンジダ菌に対して高い抗菌作用を発揮します。
エンペシド膣錠は膣内に挿入することで効果を得ることができる治療薬です。男性が使用することはできません。
また、女性が使用する場合には生理期間中を避けなければなりません。
生理期間中は経血によってエンペシド膣錠に含まれている有効成分が洗い流されてしまう可能性があり、衛生的にもよくありません。
使用中に生理がきた場合でも使用を中止する必要があります。
エンペシド膣錠の使用を開始して症状が消失したとしても、用法・用量をきちんと守り、使用開始から6日間きちんと継続して使用することが大切です。

エンペシド膣錠の他に、ニゾラールもカンジダに効果のある薬です。
ニゾラールはケトコナゾールを主成分とする真菌を殺菌するための塗り薬です。
ケトコナゾールを主成分としているニゾラールは持続時間が他の薬と比較して長いことから、1日1回の塗布で済むというメリットがある薬剤です。
強い抗真菌活性と抗真菌スペクトルを有していることから、他の真菌を原因とする病気にも活用されます。
殺菌的に作用する薬なので、カンジダ菌に対して殺菌的に作用します。

カンジダの予防法としては日頃から身体の免疫力を高めるようにすることが大切になります。
不規則な生活習慣なども発症要因となることがあるため注意が必要です。
健康な状態では発症しないものの、体力や免疫力が低下することによって発症するという日和見感染の可能性があることをしっかりと理解して予防を行うことが大切です。
局部の清潔と安静を保ち、通気性の良い下着を着用するなども予防になります。
糖尿病やステロイドによる治療などを行っている場合、それらが原因となって発症している場合もあるので注意が必要です。
抗生物質の服用を行っている場合、それによって発症していることもあるため、その場合には医師に相談することが必要です。

あわせて読みたい記事