子供がかかるヘルペス性歯肉口内炎とは

ヘルペス性歯肉口内炎の疑いがある女の子ヘルペス性歯肉口内炎は、単純ヘルペスウィルス1型が原因となって起きる病気です。
この病気にかかると口のなかに口内炎や歯肉炎の症状が現れるほか、発熱も見られます。
疱疹性歯肉口内炎という呼び方がされることもありますが、どちらも同じ病気のことを指しています。

ヘルペス性歯肉口内炎は単純ヘルペスウィルスに初めて感染したときに発症するため、小さな子供がかかりやすい病気です。
もっともかかりやすいのは、母親由来の抗体がなくなる生後6か月から3歳ぐらいまでの時期となっています。
しかし、最近では年齢がもっと上がってから発症するケースも増えてきていて、場合によっては大人になってから発症することもあります。

ヘルペス性歯肉口内炎にかかった場合、まずは口やのどが痛くなり、発熱が2~3日の間続きます。
歯肉炎や口内炎の症状は発熱後2~3日してから現れてくるため、最初のころは普通の風邪と間違われることがあります。
口内炎は口のなかに複数出現し、歯茎も腫れて赤くなります。
また、唇の周りにも小さな水疱ができることがあります。水疱がやぶれると、ただれてびらんになることがあります。

口のなかの痛みはだいたい5日から1週間くらい続き、歯磨きをしたときに歯茎から出血します。
発熱するのは短ければ2日くらい、長ければ1週間くらいの間です。
口内炎ができると発熱が治まる場合もありますが、口内炎ができてからも発熱が続くケースもあります。

症状全体では、1週間から2週間くらい続いた後で自然に快癒することが多いです。
潜伏期間中は、食欲不振になったり全身倦怠感が現れることもあります。
口内炎ができると食べ物や飲み物などが染みて痛くなるため、子供が飲食をするのを嫌がったり、不機嫌になることもあります。

この病気を治療するときには、水疱瘡や帯状疱疹に使われる薬がよく効きます。
口内炎による痛みを抑えるためにビタミン剤が処方されることもあります。
発熱が見られた段階で小児科などの病院を受診すれば、適切な診断をしてもらうことができます。

発症が発覚したら保育園・幼稚園は休む?

ヘルペス性歯肉口内炎は人から人へとうつる病気なので、この病気にかかっていることが分かった場合には、子供が通っている保育園や幼稚園、学校などは休ませたほうが良いでしょう。
大人と違って子供は免疫力が十分に高くないため、無理をすると症状を悪化させてしまいます。

ヘルペス性歯肉口内炎の感染経路としては、接触感染や空気感染などが知られています。
主に唾液や患部への接触などによって感染しますが、家族でコップやタオルなどを共有しているときには、それが感染経路となってうつることもあります。
子供は痛いところに触りやすいので、手についたウィルスが人に感染することもあります。

ヘルペス性歯肉口内炎にかかってから完全によくなるまでには、だいたい2週間くらいかかります。
また、ウィルスは数週間程度にわたって出続ける場合もあるので、その間は外出を控えたほうが良いでしょう。
とくに保育園や幼稚園などに通っている場合には、他のお子さんに感染させてしまう危険性もあるので気を付けるようにしてください。

痛みや発熱がなくなれば、十分に注意しながら外出することができます。
しかし、症状が出ている間は食べ物や飲み物を取ることを嫌がってしまうため、場合によっては栄養不足になっていたり、脱水症状が起きてしまうこともあります。
保育園や幼稚園などに通園するのは、十分に体調が回復してからにしたほうが良いでしょう。

単純ヘルペスウイルスは、ヘルペス脳炎を起こすこともある怖いウィルスなので、休養をしっかりと取ることが大切です。
症状が出ている間は、プリンやゼリーなど口当たりの良いもので十分な栄養を摂ることを心がけ、食後はうがい薬などを使ってよくうがいをします。
患部に触ったしまった場合には、よく手を洗うようにしましょう。
もし、けいれんや意識障害などを起こしてしまった場合には、急いで病院に連れていく必要があります。

あわせて読みたい記事