ヘルペスの第一選択薬:バルトレックス

バルトレックスはバラシクロビルを主成分とする抗ウィルス薬で、ヘルペスウィルスによって起きる感染症の第一選択薬の一つです。
単純ヘルペスウィルスが原因となる口唇ヘルペスや性器ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、水痘・帯状疱疹ウィルスが原因となる水疱瘡や帯状疱疹の症状によく効きます。

バラシクロビルはアシクロビルのプロドラッグで、核酸類自体の抗ウィルス薬となっています。
体内では、アシクロビルに変換された後にウィルスに感染している細胞に働いて、ウィルスのDNAが伸長するのを妨げるように働きます。
そのため、細胞内でウィルスが増殖するのを抑えることができ、ヘルペスウイルス感染症が治療するのを早めます。

具体的な症状としては、帯状疱疹や水疱瘡で皮膚に発疹や発赤、水疱などが起きている場合や、単純ヘルペスウィルスによって口の周りに水疱が出来ている場合などに効果があります。
口のなかに口内炎が多くできるヘルペス性歯肉口内炎の治療にも使われます。
ヘルペスウィルスによって高熱が出ている場合には、ウィルスの増殖を抑えるために熱が下がるのを早めます。

使用する場合には、なるべく初期の段階で使うほど効果が高くなっています。
内服薬として使用する場合には、通常1回1錠または2錠を1日3回服用します。
アシクロビルにくらべると作用時間が長く、効果が安定しているために少ない服用回数で十分な効果を発揮します。

バルトレックスには、錠剤タイプのほかに軟膏やクリームなど皮膚に直接塗るタイプのものも存在します。
単純ヘルペスウィルスによって水疱や発疹が出来ている場合には、患部に直接塗ることで治療が早くなります。
また、目のまわりに炎症が起きる単純ヘルペス角膜炎の場合には、専用の眼軟膏を使った治療が行われます。

主な副作用としては、頭痛や眠気などの症状が起きることがあります。
また、人によっては下痢や腹痛などの症状が出ます。
重い副作用が出ることはほとんどありませんが、意識低下や精神変調などを引き起こす場合もあります。

バルトレックスの入手に関して

バルトレックスは、ヘルペスウイルス感染症を治療するときの第一選択薬となっています。
そのため、この薬を入手したいときには病院で処方してもらうことができます。
また、インターネット上の通販を利用してこの薬を購入することも可能です。

症状によっても異なりますが、病院で処方してもらいたい場合には、皮膚科やアレルギー科などを受診すると良いでしょう。
また、単純ヘルペス角膜炎で目の周りに炎症が起きている場合には、眼科でも処方してもらうことができます。
子供がかかりやすいヘルペス性歯肉口内炎などは、小児科を受診しても処方してもらうことが可能です。

また、バルトレックスは個人輸入を取り扱っている通販サイトでも購入することができます。
個人輸入というのは、医薬品の輸入を代行してくれる会社を通して海外から薬を取り寄せるという方法になります。
こちらの方法であれば処方箋が必要ないため、誰でも薬を購入することが可能です。

インターネット上には個人輸入を行っている会社がいくつかあります。
バルトレックスの製品としては、主に内服薬として有効成分のバラシクロビルが500ミリグラム含まれているものと、1000ミリグラム含まれているものが販売されています。
軟膏やクリームなどは取り扱っていないことが多いので、外用薬を手に入れたい場合には病院で処方してもらうようにしましょう。

個人輸入でバルトレックスを購入する場合には、価格はそれぞれの会社によって異なっています。
おおむね1箱数千円程度で購入することができ、薬1錠あたりの単価としては100円から200円ほどです。
納期は薬を生産している国によって異なりますが、おおむね1週間から数週間程度で自宅まで配送してもらうことができます。

あわせて読みたい記事