トップページの目次

ヘルペスは我々にとって身近な皮膚の感染症です。
唇や口の周りに水ぶくれや発疹ができていれば口唇ヘルペスです。
性器や下肢にできる性感染症・性器ヘルペスもその一つです。

この病気、再発率が高く、一度発症すれば今後も何度となく悩まされることになるでしょう。
だからこそ、感染原因や治療法・なぜ再発率が高いのかなど、詳しい知識を持っておくことが必要です。
ヘルペスについて知っていれば、まだ初期の軽い段階で治療することができます。

ヘルペスの感染原因

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因となってうつる病気です。
同じヘルペスでも1型と2型と2種類あり、口唇ヘルペスの場合は1型、性器ヘルペスは2型に感染しているのです。

口唇ヘルペスの場合、初期段階は口の周りの皮膚にムズムズとした不快感や痛かゆさを感じる程度ですが、その後数時間から数日もすると赤みや水ぶくれができるのです。
きちんと治療していればやがて水ぶくれが破れてかさぶたになって、2週間もすれば治ります。
一方、性器ヘルペスであれば、性器やおしりの周りに赤いブツブツや水ぶくれやただれといった症状が現れるのです。
こちらも治療をすれば1週間程度で治ります。

怖いのは初感染時です。
水ぶくれの大きさが2回目以降よりも大きくなるだけでなく、熱が出たり強い痛みを伴う場合もあるのです。
口唇ヘルペスであればあごの下のリンパ腺が腫れることもあります。性器ヘルペスだと排尿や歩行さえ困難になる場合もあるのです。
ただ、2回目以降は熱や痛みは出ないはずなので安心してください。
もしも初めて感染したにも関わらずそれほどひどい症状にならなかったというのであれば、もしかしたらすでに小さい頃にうつって第1回目を済ませているのかもしれません。

ヘルペスは赤ちゃんでもうつる病気なのです。幼少期だと症状が出ないか現れても非常に軽症で済むことが多く、気づかないままに終わるのです。
ただし、大人になってからの初感染だと重症化することもあり、注意が必要です。

ヘルペスに感染した場合、病気を治すために病院で薬をもらってくるでしょう。それを服用していれば症状はやがて治まります。
ただし、完治には至っていないのです。そのため今後も軽いとはいえ症状に悩まされることになります。

再発率が高い口唇ヘルペス

再発率が高いのは、現代の薬がウイルスを根絶やしにするだけの力がないからです。
薬によって症状は治まるのですが、ウイルスは体内にある神経節といって神経細胞の集まっているところにもぐりこみ、一生住み続けます。

性病であり、性行為をすることによって発症する性器ヘルペスであれば再発頻度には個人差があります。
一方、口唇ヘルペスは一度発症して体内にヘルペスウイルスが住みついてしまえば誰もが再発の可能性があるのです。
そのため、1年に平均2.14回程度の割合で起こるというデータもあります。
たとえ高熱などの激しい症状は出なくとも、口元に水ぶくれができていると気になるでしょうし、お化粧をしても隠れず見た目も悪いです。
ヘルペスウイルスが活発化するのは免疫力が落ちているときです。そのため年齢を重ねると更に再発頻度は上がる一方です。

生活習慣を見直して免疫力をキープ

少しでも再発しないためにも日頃の生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るようにしましょう。
きちんと3食栄養のあるご飯を食べて、適度な運動・適度な睡眠を続けていればそれだけでも違います。
性器ヘルペスも、普段からセックスをするという人であれば再発頻度は年に9.34回と口唇ヘルペスよりも圧倒的に高いのです。
気をつけましょう。規則正しい生活を続けていれば、ヘルペスだけでなくあらゆる病気を防ぐことができます。
生活習慣病を防ぐこともできます。お肌の美しさや体型にも現れてくるでしょう。

再発率の高い病気だからとあきらめないで、生活習慣の改善でヘルペスのないきれいなお肌で元気に長生きできるようにしましょう。
性器ヘルペスは、女性に比べて、男性の方が圧倒的に再発頻度が高いため、特に注意が必要となります。
ストレスなど精神的疲労も関係します。

ヘルペスは接触感染でうつる

水ぶくれとなっている患部は、実はヘルペスウイルスでいっぱいです。
患部には触れないようにしましょう。もしも触ってしまった場合にはきちんと手洗いするようにしましょう。
口元の水ぶくれなどついつい気になって自分でも触ってしまうことがあるでしょうが、もしも水ぶくれが破れてしまうと症状が治まるまでの期間が遅くなるばかりです。
それに、その部分が他の細菌に感染されてしまったり、痕が残ることもあります。
自身で更に患部を広げることにもなるので、絶対触らない・触らせないを心がけましょう。

ただし、ピリピリしたり痒みがあったりといった、たとえ自覚症状がない時期であっても唾液や精液にウイルスが排泄されていることもあります。
赤ちゃん時代にうつってしまうのはお母さんがかわいいからとついついキスしてしまったり、同じスプーンを使ってご飯をあげてしまったりということもあるのです。
初期症状が発生しにくいとはいえ、場合によっては大人と同じように高熱やリンパ腺の腫れに苦しめられてしまう可能性だってあるのです。
症状が出ている間は我慢しましょう。

大衆浴場性病である性器ヘルペスの場合も、性行為によって性器同士が接触してしまうのが一番の原因となります。
とはいえ、公衆トイレや温泉・大衆浴場・家族でのタオルの使いまわしなどが原因で性行為をしていないにも関わらず感染してしまう危険性だってあるのです。
症状が出ている間はもちろん、疲れがたまっているときに心と身体を癒そうと温泉旅行に出かけるのはやめておきましょう。
免疫力が弱った状態だとどんな病気を持って帰るかわかりません。
また、性行為といっても通常のセックスだけでなく、オーラルセックスやアナルセックスなどが原因となることもあるため、本番はしていないから大丈夫とは言い切れないのです。

ヘルペスの治療方法

ヘルペスの原因はヘルペスウイルスです。
病院で抗ウイルス薬をもらって使用しないと治ることはありません。
特に性器ヘルペスの場合には恥ずかしいからと放置してしまいがちですが、ウイルスがどんどん増殖して症状が悪化する一方で、自然治癒することはないため注意しましょう。
抗ウイルス薬は外用薬や内服薬が用いられます。アシクロビンや塩酸アラシクロビル・ビダラビンなどが一般的です。

一度発症したらいつまた再発しないとも限りません。できるだけ早く薬を使えば使うほどウイルスはそれほど増殖できず、症状が軽くて済むのです。
できれば常備薬として持っておいて、再発の前兆を感じたとき・症状が出てきたときに使用できるようにするとよいでしょう。

抗ウイルス薬は個人輸入代行で購入

病院だとその時必要な分しか処方してもらえませんが、個人輸入代行業者だとまとめ買いも可能です。
インターネットを通じて海外で売られている治療薬を購入するのです。
信頼できるところを見つけ出し、いつも使用している薬を手に入れるようにするのが最も安全性は高いです。

もしも放置しておいて重症化した場合、あるいは初回で激しい症状が見られた場合には、ヘルペスとはいえ入院しなければならなくなることもあります。
その上で、抗ウイルス薬の点滴静脈注射を行ったり、細菌による二次感染を防ぐためにも抗生物質を服用することになります。
ヘルペスというとどちらかというと身近で軽い皮膚病というイメージも強いでしょうが、ウイルスに感染されている以上はきちんと早めの適切な治療を行うことをおすすめします。

ちなみに、水疱瘡もヘルペスの一種です。ヘルペスの仲間のウイルスが原因となっているのです。
こちらも水ぶくれができる病気で、小さいうちに発症しておいた方が症状が軽くて済みます。

あわせて読みたい記事